ああそうなんだイタリア語2

ああそうなんだイタリア語2

2.CAFFÈcaffèはイタリア語で「カッフェ」と呼びます。フランス語では「キャッフェ」(スペルはcafè)のような音になりますから、少し違います。また喫茶店などをキャフェ(またはカフェー)というのもフランス語で、イタリア語ではBAR(バール)と言います。caffeteria(カフェテリア)というのはイタリア語で、これはBARに近いですが、一般にはホテルなどにある朝食用の部屋のことです。

イタリアでcaffèというとそれはespressoのことで、他にも色々なコーヒーがあるので紹介しておきましょう。caffè lungo(ルンゴ)は薄めのコーヒー、caffè doppio(ドッピオ)はダブル、caffè stretto(ストレット) またはristretto(リストレット)は濃い目のコーヒー、caffè decaffeinato(デカッフェイナート)はカフェイン抜きのコーヒーですが、これはcaffè hagu(アグ)とも言います。caffè corretto(コレット)はリキュール入りのコーヒー、caffè macchiato(マッキアート)は、エスプレッソに少量のミルクを垂らしたコーヒー。なおmacchiatoとは、「汚した」という意味。caffè をミルク(latte)で汚したとの意味です。latte macchiatoと言えば、逆にミルクに少量のcaffè を垂らしたものを言います。caffè amaro(アマーロ)またはcaffè liscio(リッショ)またはcaffè nero(ネーロ)は砂糖をいれない苦いコーヒー、caffè freddo(フレッド)アイスコーヒーなどがあります。caffè alla turca(アッラツルカ)はトルココーヒーで、これはイタリアにはふつうありませんが、ギリシアではよく飲みます。コーヒー豆がコーヒーの中に入ったままで、とても濃いコーヒーで、一緒に水がないと飲めません。

nakahara