ああそうなんだイタリア語4

ああそうなんだイタリア語4

4.Monte モンテ

Monteとは一般には山のことです。Monte Bianco (白い山)はモンブランのこと、Monte Rosa(モンテローザ)はピンク山という意味になります。Monte Rosaは、夕日に照らされた山を見ればその命名が解ります。ピンクか又は赤い山に見えます。Monte Biancoの方は、雪に覆われていることから来た名前でしょうね。一方イタリアの銀行に、Monte dei Paschi di Sienaという銀行があります。1472年の創業ということで、現存する世界一古い銀行ということだそうです。ここで言うMonteが何かというと、これは質屋のことです。正確にいうとMonte di pieta` とかMonte dei pegni と言い「抵当銀行」の様に訳されます。要は、抵当を取って金を貸す商売で、所謂質屋にあたります。対象が貧しい人としたのも、日本の質屋と同じですね。Paschi di Sienaとは、シエーナの牧草地という意味で、もともと牧草地を所有していた人がこの質屋を始めたようですね。andare a monteという熟語があり、意味は台無しになる、破棄されるです。Dopo tre anni il loro matrimonio e` andato a monte.(3年後彼らの結婚は破局を迎えた)のように使うが、これも結局、質屋へ行くというのは経済的な破局を意味することから来たのでしょうかね。

 

nakahara