聞いてわかる英語のスラング 66

聞いてわかる英語のスラング 66

66. kid : もともとは「子ヤギ」の意味。アメリカでは、「子供」の意味で使う。Childよりはカジュアルなニュアンスがあるが、基本的には米語である。あるイギリス人英語講師は何故アメリカ人が、子供の事を「子ヤギ」というのかと不思議がる。西部開拓時代、Billy the kid.などのように、cow boyが子供を子ヤギに例えて呼んだのだろうか。一方kidnapという言葉がある。意味は「誘拐」である。この言葉は、英語(米語でなく)としても辞書に載っている。そうすると、kid=子供は英国でも使うし、発祥は英国ではないのかと思えてくるのだが、語源は、やはりどうもアメリカにあるらしい。アメリカに奴隷制度があった、1600年代に、奴隷の子供を誘拐してまた奴隷として売るようなことが行われていた。それらの子供を子ヤギに見立て、kidと呼び、nap=掴むと合成してkidnapという言葉が生まれたという説がある。イギリス人はkidと言う言葉を子供の代わりとしては使わないが、kidnapの方は輸入して使うようになったのだろう。勿論現在は、子供でなく大人の誘拐もこの言葉を使う。

 

nakahara