フランス語初心者 1

フランス語初心者 1

  1. Dans ce cas「ドンスカ」:語学学習を面白くやるには何かに気づくこともそのひとつ。面白くやっても上達するかどうかは保証出来ませんが。フランス語を聞いていると、「ドンスカ」と言っている。ドデスカデンなんていう映画が相当昔にありましたがね。「どーすか」「はい、ソースか」みたいな感じ。これは、Dans ce cas.と書きます。英語ではIn that case, イタリア語ならin tal casoでしょうか。casを「カ」としか読まないんですね。そうすると、今度はen tout casという熟語に出会いました。これは、英語なら in all cases ですが、辞書では「いずれにせよ」「ともかく」となっています。気になったのはこの音です。casが「カ」なので、これは「アンツーカ」と読むのではないか(enはこれまでの私のヒアリングではアンよりもオンに近く聞こえますが)。それなら、テニスコートのアンツーカーと関係がないかと思って調べたら関係がありました。アンツーカーは全天候型のコートとして知られますが、in all cases、つまりどんな条件でもという意味で命名したそうですね。しかし、フランス語では全くそんな意味はないそうで、命名はアメリカ人がフランス語でつけただけとのこと。つまりこれは和製英語ならず、米製仏語なんです。ああ、面白い。
nakahara