フランス語初心者 9

フランス語初心者 9

9.「Otaku」:オタクは、フランス語でもOtakuだそうです。女性はotakette(オタケさんみたい)以上NHKテキストから。イタリア語でもotakuで通ります。イタリア語の場合女性でもotaku、但し、オタクに女性はイメージが合わないので、基本的には男性名詞です。Hikikomoriもイタリア語です。mangaも、Karaokeもイタリア語。勿論これらはフランス語でもそうでしょうね。そうかどうか知りませんから、これは想像ですが。Kimonoはイタリア語で複数になるとKimoniに変化します。フランス語はどうですか?私が思うに、フランス語はSをつけても発音しないから、複数はSをつけるんじゃないでしょうか。ヌーベルバーグという言葉が本を読んでいたらありました。なんだか懐かしい響き。nouvelle vagueと書いて「新しい波」。思想的な意味もあるのでしょうが、一般には新しい映画の波。フランスでは、ゴダール、トリュフォーなどが有名。1956年頃のことで、同じ時期に日本でも日本ヌーベルバーグがあった。大島渚、今村昌平などの名前が上がる。一方イタリアはネオリアリズムの旗手として、Rossini, Fellini,Antonioni, Visconti, De Sicaという名監督がこれよりも少し前1942年~から活躍している。私はあまり映画Otakuじゃないので、詳しくは語れないが、ヌーベルバーグという音の響きが、とてもフランスを感じる。nouveau(ヌーボー)はnouvelleの男性形だが、Beaujolais Nouveauが日本で売れるのもこの響きが関係あるのでしょうか。

 

nakahara