イタリア語のことわざ 3

イタリア語のことわざ 3

今回はalbero(木)を使った諺を一つ紹介します。

3.Albero spesso trapiantato mai di frutti e` caricato.   trapiantareは「植え替える」mai di fruttiはことわざに良くある文章の倒置で、文意を強めたり、韻を踏ませたりするときに使われます。普通の文章なら、Albero spesso trapiantato e` mai caricato di frutti. となりますが、これでは文章にアクセントがありませんね。

さて、いつものように直訳は「良く植え替えられる木には実がならない」となります。意味は「仕事を良く変える人は成功することが出来ない」という意味です。日本語で「転石苔むさず」とは、①職業や住所を良く変える人は財産を気づくことが出来ない、という意味と②活発に動いている人は、世の中に取り残されることがない(苔がつかない)という意味の2つがあるそうですが、このイタリア語の意味は①の方のようです。

nakahara