ああそうなんだイタリア語 8

ああそうなんだイタリア語 8

8.Subito 昔学生時代にイタリア語の通訳でバイトをしたことがあります。最初は全くのダメ学生だった頃、何かのコンベンション会場で、特にやることはなくただ何か聞かれたら答えれば良い、という程度のお仕事。「何も聞かれなければいいな」と、冷や冷やしながらやっていた思い出があります。覚えていることは、イタリア人のお年寄りがタクシーに乗りたいという事で案内してタクシーに乗せた後、急に騒ぎ始めた。何だと聞いたら、「料金はいくらだ」と、多分心配になったのだろう。いやそれは、このメーターを見ればよいと言いたかったのだが、メーターが分からない。何とか手で指して理解してもらったものの、こういう名詞が分からないのですね。のちにイタリアへ行って、macchinetta(小さい機械、機器)と言えばいいと知りましたが。イタリアに1年程行って帰ってきてから今度は通訳の仕事をやりました。ある商社のお手伝いで、技術関係の通訳でした。イタリアは食べ物とか、ワインやチーズなどの農産物かファッション製品ばかしで、工業製品はないと思っている人もいるが、実は工作機械やヘリコプターとか拳銃などちょっと変わったところで、世界レベルの技術を持っているそうです。勿論車も知られていますが。そういう訳で、私の仕事は工作機械の技術者の通訳ということです。実は、日常会話はそれほど困らないとは思っていたものの、機械などの専門用語はからきし駄目ですので、通用するかどうか自信はありませんでしたが、商社の方が分かる範囲で通訳してくれたらよいと。本式の通訳は高いからそこまで貴方に期待していないから大丈夫、とか言われて安心して引き受けた次第。この仕事は朝から夜の付き合いまでべったりでしたが、とても楽しく面白いお仕事でした。商社マンの優秀さと爽やかさも印象に残りました。イタリア人の技術者は優秀な人で、作業中に工場の人に工具などを持ってくるように言うのですが、「今」というのを、最初はOraと言っていたのが(Oraは現状、現在、現代などの「今」)、そうだとなかなか工具が出てこないのが分かって、次にはAdesso(これも現在の意味からたった今の意味まで)というようになって、そのうち本当に今すぐ欲しい時には、Subito! と叫んでいたのを思い出します。その叫び方が伝わって、本当に「いますぐだ!」と言っているんだなと、工場の人も通訳せずにも納得してくれたようでした。会話は、勢いも大切ですね。ひと頃流行った「今でしょ」も、このうちどれでも通じますね。

nakahara