中国語あれこれ 5

中国語あれこれ 5

【中国語あれこれ 5】

中国の四大○○

日本では、日本三景、日本三大名園など、日本を代表する名所旧跡から料理珍味に至るまで、それを表す数字は「三」であることが多い。「二」という数字は、二つに割れるということで好まれず、結婚などの慶事の祝い金なども2万円というのはいただけないようである。

それに引き換え、中国では「好事成双」という四字熟語もあるくらいで、2の倍数は縁起がいいのである。酒の席では、1杯飲んだら間をあけずに2杯目の「干杯」と相成る。筆者のような下戸にとっては、甚だ頭の痛い習慣である。

さて、表題の四大○○であるが、四大姓が「張・王・李・趙」、四大料理が「魯(山東)・川(四川)・蘇(蘇州・上海)・粤(広東)」、四大名園は「拙政園(江蘇蘇州)・頤和園(北京)・避暑山荘(河北承徳)・留園(江蘇蘇州)」となっている。

また、四大発明は、歴史上も有名な「製紙・羅針盤・火薬・活字」、四大名著は、「三国志演義・水滸伝・西遊記・紅楼夢」。アートの分野では、刺繍部門で、「蘇繍(江蘇)・湘繍(湖南)・粤繍(広東)・蜀繍(四川)」を四大名繍と呼び、

書道では硯の名品として、「端渓(広東)・歙(きゅう)州(安徽黄山)・洮河緑石硯(甘粛南部)・澄泥硯(河南洛陽)」が四大名硯と言われている。

 

最後に、中国の美人はと言うと日本人なら恐らく誰でも「楊貴妃」を思い浮かべるであろうが、これもちゃんと四大美人がいて、他の三名は、「西施・貂蝉(ちょうせん)・王昭君」の名が挙げられている。

 

以上名前の羅列ばかりになってしまったが、中国人との会話の際には、話題にしてみては如何だろうか。

 

〔第五回 完〕

〈黒澤義己〉

nakahara