ああそうなんだイタリア語 24 覚えやすいイタリア語

ああそうなんだイタリア語 24 覚えやすいイタリア語

日本語の表現や、日本人が感じることとイタリア語が似ているというものがあります。例えば、chiacchierare ”キアッキエラーレ”は、ペチャペチャおしゃべりをする、という意味です。私は「キャッキャッと言う」と覚えています。coccolare ”コッコラーレ”は可愛がるという意味です。coccolo-coccoli-coccola-coccoliamo 何となく可愛がると言う気がしませんか? accarezzare ”アッカレッザーレ”は、「なでる」「愛撫する」という意味。これも昔意味を知らなかった折、ある犬を連れたイタリア人男性が、寄って来た女の子にAccarezzalo! と言っていて、言葉の雰囲気から「なでていいよ」という意味だとピンときました。bocciare“ボッチャーレ”は、オリンピックの種目にボッチャがあり、それと同じですが、動詞として使うと、「試験に落ちる」とか「車が衝突する」の意味があります。なとなく分かりますね。まあ、こういう音だけではなく、覚えやすい単語には外来語がらみもあります。例えば、nippomaniaco 、nippo(n)が入っていますから、日本と関係があります。「日本マニア=日本ファン」の意味です。alcolizzarsi は動詞です。意味は「酔っぱらう」です。アルコールが入っていますから。ubriacarsi という言葉が出てこない時は、こちらが楽ですね。次の単語はいかがでしょう。sushiare。勿論スラングであり、最近の言葉ですね。「お寿司を食べに行く」という意味です。Suchiamo? 「お寿司食べに行こうか?」という風に使います。こういう単語の作り方では、日本も負けてはいませんね。ちょっと古い言葉では「エガワル」なんていうのがありましたね。若い人は分からないでしょうが、昔「江川選手」がドラフトで阪神に行くことになったのに、突然野球協約の裏をかいて巨人に行くことになったため、なにがなんでも自分がやりたいことをやることを「エガワル」と言いました。逆に最近の若者の省略したカタカナ言葉はどういう意味なのかおじさんはさっぱりわかりませんが。

nakahara