Author Archive nakahara

聞いてわかる英語のスラング 153

153. think better of it : 「考え直す」 何か考えたことを、良く考えて思い直して止めること She was tempted to retort, but thought better of it. (彼女は反発したい気持ちだったが、考え直してやめた) これは、slang ではなく、普通の表現です。

聞いてわかる英語のスラング 152

152. CRASH :これも沢山の意味がある単語だが、ここでは「泊まる」の例を。 If you are drunk tonight, you can crash at our place. (もし今晩飲みすぎたなら、泊まっていってもいいよ)You have a place I can crash? (僕が泊まれるところある?)名詞で「泊まる所」の意味でも使われる。I think I know of a crash for tognight.(今晩泊まれそうなところを知っている) crashは予め計画して泊る場合は使わない。

イタリア語のイディオム表現 49

49 “avere il cuore in gola”                  緊張する

Durante l`ispezione del direttore gli impiegati avevano il cuore in gola.

部長が点検に来た時には、社員は皆緊張していました。

聞いてわかる英語のスラング 151

151.BUCK(2):責任 pass the buck という熟語で、「責任をなすりつける」の意味。 Why do you always pass the buck? Don’t you know that everyone else is busy too? (どうして君や責任をひとになすりつけるの?皆が忙しいということがわからないのか) = pass responsibility onto someone else and escape from one’s responsibilities

*buck=buckhorn knife(鹿の角のナイフ)=次の番を示すのに使われたから、「責任」の意味となる。pass th buckとは、順番を次に回すことで、責任を回すこととなった。大統領のH.Trumanが、The Buck Stops Here.(最終責任はここにある=申し送りはここで帰結)と言ったことが、有名。

2019年12月13日クリスマス会

イタリア語のイディオム表現 48

48 “alla faccia!”                        (驚きの声) すごいですね!

<<Oggi ho vinto diecimila Yen alla lotteria!>> – << Alla faccia!>>

<<今日は宝くじで1万円を勝ちました。>> – <<すごいね!>>

<<È da tre giorni che non riesco a dormire!>> – <<Tre giorni? Alla faccia!>>

<<三日前から眠れない。>> – <<三日ですか?すごいね!>>

聞いてわかる英語のスラング 149

149.pushover 騙されやすい人、直ぐに言いなりになる人 PATTY: “ Unbelievable. After everything he’s done to you? That is so typical Ned. When are you gonna stop being a pushover? “ (信じられない。彼があなたにやった諸々のことの後で。いつものネッドね。カモになるのをいつやめるの?)「School of Rock」

イタリア語のイディオム表現 47

47 “a stomaco vuoto”                               何も食べないまま

Sono a stomaco vuoto da questa mattina perché non ho avuto tempo di pranzare.

私は昼ごはんを食べる時間がなくて、朝から何も食べていません。

イタリア語のイディオム表現 46

46 “a cranio”                                            一人当たり、それぞれ

Sono tremila Yen a cranio.

一人あたりは3000円です。

Al ristorante abbiamo pagato 5000 Yen a cranio.

レストランでそれぞれ5000円払いました。

聞いてわかる英語のスラング 147

147get a head start (競争相手に)先んじる、先にスタートを切る SUMMER: “ it’s not till next quarter, but Mr.S wanted us to get a head start.” (次の学期なんだけど、S先生が私たちにも前もっと準備をしてほしいって)「School of Rock

Page