Author Archive nakahara

聞いてわかる英語のスラング 151

151.BUCK(2):責任 pass the buck という熟語で、「責任をなすりつける」の意味。 Why do you always pass the buck? Don’t you know that everyone else is busy too? (どうして君や責任をひとになすりつけるの?皆が忙しいということがわからないのか) = pass responsibility onto someone else and escape from one’s responsibilities

*buck=buckhorn knife(鹿の角のナイフ)=次の番を示すのに使われたから、「責任」の意味となる。pass th buckとは、順番を次に回すことで、責任を回すこととなった。大統領のH.Trumanが、The Buck Stops Here.(最終責任はここにある=申し送りはここで帰結)と言ったことが、有名。

2019年12月13日クリスマス会

イタリア語のイディオム表現 48

48 “alla faccia!”                        (驚きの声) すごいですね!

<<Oggi ho vinto diecimila Yen alla lotteria!>> – << Alla faccia!>>

<<今日は宝くじで1万円を勝ちました。>> – <<すごいね!>>

<<È da tre giorni che non riesco a dormire!>> – <<Tre giorni? Alla faccia!>>

<<三日前から眠れない。>> – <<三日ですか?すごいね!>>

聞いてわかる英語のスラング 149

149.pushover 騙されやすい人、直ぐに言いなりになる人 PATTY: “ Unbelievable. After everything he’s done to you? That is so typical Ned. When are you gonna stop being a pushover? “ (信じられない。彼があなたにやった諸々のことの後で。いつものネッドね。カモになるのをいつやめるの?)「School of Rock」

イタリア語のイディオム表現 47

47 “a stomaco vuoto”                               何も食べないまま

Sono a stomaco vuoto da questa mattina perché non ho avuto tempo di pranzare.

私は昼ごはんを食べる時間がなくて、朝から何も食べていません。

イタリア語のイディオム表現 46

46 “a cranio”                                            一人当たり、それぞれ

Sono tremila Yen a cranio.

一人あたりは3000円です。

Al ristorante abbiamo pagato 5000 Yen a cranio.

レストランでそれぞれ5000円払いました。

聞いてわかる英語のスラング 147

147get a head start (競争相手に)先んじる、先にスタートを切る SUMMER: “ it’s not till next quarter, but Mr.S wanted us to get a head start.” (次の学期なんだけど、S先生が私たちにも前もっと準備をしてほしいって)「School of Rock

高尾山ピクニック 2019.12.1

聞いてわかる英語のスラング 145

145Fall (flat) on one’s face  恥ずかしい思いをする、面目を失う、大失敗をする DEWEY” We may fall on our faces, but if we do, we will fall with dignity. With a guitar in our hands and rock in our hearts. (失敗するかもしれないが、そうあっても威厳をもって立ち向かおう。ビターを手に、ロックを心に) School of Rock

イタリア語のイディオム表現 45

45 ”puzzare ancora di latte” とても若い

Sebbene puzzassero ancora di latte erano ragazzi molto seri e capaci.

彼らはまだ若いのに、真面目で何でもできる子でした。

Page