Author Archive nakahara

聞いてわかる英語のスラング 134

134. ATTABOY: やったぞ! That’s the boy!から 女性に対しては、Attagirl!またはAttagal! (でかしたぞ、えらい!)

聞いてわかる英語のスラング 148

  1. bummed 失望した、がっかりした FREDDY: ”What are you so bummed about? We had a three week vacation. Yeah, it was a waste of time but it was a lot better than school.” (何をそんなに落ち込んでいいるんだ?3週間の夏休みを取ったんだ。時間の無駄だったけど、学校よりずっとましだった)「School of Rock」

聞いてわかる英語のスラング 133

133. NITTY-GRITTY:核心、本質のこと 通常は、get down to the nitty-grittyという熟語で使用(問題の本質に入る)。When I make a business call, I just get down to the nitty-gritty and talk business. (仕事の電話では、すぐに用件に入る) What ‘s the nitty-gritty about the news? (そのニュースは何を言いたいんだ)

イタリア語のイディオム表現 37

37            “avere ancora il latte sulla bocca”  青二才である、とても若い

Sebbene avessero ancora il latte sulla bocca se la tiravano.

彼らは青二才のくせに、うぬぼれていました。

聞いてわかる英語のスラング 132

132. GRUB:=food 食べるもののこと。または=eat食べる(動詞) Let’s get some grub. We are starving.(何か食べようよ) Let’s gurub and get going.(何か食べてそして出掛けよう)

聞いてわかる英語のスラング 146

146blow 台無しにする、裏切る、ばらす、失敗する DEWEY “Don’t say anything to her. Please. She’ll blow it. She’ll blow everything.” (彼女に何も言うな。お願いだ。彼女は台無しにする。全てぶち壊す)School of Rock

聞いてわかる英語のスラング 131

131. ANCIENT HISTORY:ここでは、太古の歴史のことではない。誰か若しくは何か、完璧に忘れられたことを指す。特に恋愛沙汰など話したくない話題について言う時に使う。 I never think about her anymore. She’s ancient history. (彼女との事は過去の話だ) I don’t want to talk about the last English test, because that is ancient history.

聞いてわかる英語のスラング 130

130. PENNY-PINCHER:けちな人のこと。He never takes me to the movies as he’s such a penny pincher.(彼はこんなにケチなんだから) pinchは、「つまむ」とか「はさむ」とかの意味だが、「切り詰める」や、「搾り取る」などの意味もあり、(一ペニーでも切り詰める人)の意味となる。

聞いてわかる英語のスラング 129

129. cut it out:何か(特にしつこく)言い続けたり、やり続けたりしていることをやめさせるときに使う。「やめろ!」 cut ~outという熟語自体、~かを止めさせるという意味だが、cut it out とitを使って、それを止めろ!と言う意味で使う。That’s enough! Cut it out!(もう十分だ、やめてくれ) Get your hands off me. Cut it out! (僕から手を離せ。いい加減にしろ)尚発音は、<カリラッ>のように聞こえる。

イタリア語のイディオム表現 36

36            “perdere colpi”      普通にすることをできなくなる

A causa della stanchezza inizio a perdere colpi.

私は疲れてくると、だんだん普通にできることもできなくなって行く。

Page