聞いてわかる英語のスラング

聞いてわかる英語のスラング 85

85. bully : いじめっ子、ガキ大将  Let me guess, this is about Tim, right? Ryan’s got a bully in his class. Tim rubbed his face in the dirt yesterday.  そうだな、ティムのことだろう? ライアンのクラスにいじめっ子がいてな。そいつが昨日彼の顔を地面にこすりつけたんだよ。 From 「Cold Pursuit」

 

 

聞いてわかる英語のスラング 84

84.KICK (ass):すさまじい: kickを使った言葉:kickback(リベート)、~kicks ass(スラング:~がすごい Yesterday’s party really kicked ass.(昨晩のパーティはまじすごかった)、kick somdbody in the teeth(ひじ鉄砲を食らわす、拒絶する)、kick the bucket(死ぬ)など。He kicked the bucket last night. (彼は昨晩死んだ、くたばった)

聞いてわかる英語のスラング 83

83.TABTAG :日本語でタブと言う時には、普通メモ帳のようにして、目の前に張っておくかノートに挟んだりするもの、または「ひも」や「つまみ」の意。アメリカのスラングでは、tabは一般に、「勘定」または「勘定書」のことを言う。pick up the tabは(支払う)と言う意味だが、通常自分が払う必要がないものを代りに払うような場合に使う。Everytime I have dinner with him, he always makes me pick up the tab.(彼と一緒に食事をするときは、何時も勘定を払わせられる)尚、似た単語にtagがあるが、こちらは、「下げ札」の意味で、コンピュータ用語としても知られる。tagにもスラング的な使い方があり、「つきまとう」の意味がある。tag-alongは「つきまとう人」のこと。またtagには、「鬼ごっこ」の意味もある。 Tag!といえば、(捕まえた!)になる。

聞いてわかる英語のスラング 82

82. cow いやな女 (John:I can’t move one fucking muscle below my chest. Does that qualify as an excuse? (Everybody laughs) What ae you laughing at?)(Reba: We were waiting for that. We just knew you were gonna say that.) (John: You fucking cow! You wouldn’t know pain if it crawled up your fucking ass and devoured you! How dare you!) (Reba: I’m sorry. Well, as a matter of fact, I have cancer of the heart. And just let me tell you something about your “poor mes.”)  「俺は胸から下の筋肉を全く動かせない。それも言い訳か?何がおかしいんだ」「私たちその言葉を待ってたのよ。あなたがきっとそう言うって」「このくそ女!痛みが尻を這い上がって体をむしばまなけりゃ、痛みなんか知りもしないくせに。良くもそんな口がきけるな」「ごめんなさい。でも実を言うと私は心臓ガンなの。それからあなたの【可哀そうな俺】についてちょっと言わせてもらうわ」 from 「Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot」

聞いてわかる英語のスラング 81

81. be nice as pie 愛想良くする、感じよくする I promise I’ll be nice as pie… so long as he doesn’t show up.  子猫の様におとなしくするって約束するよ。少なくとも彼がくるまではな。 From 「Stan & Ollie」 同じpieを使った言い方では、as easy as pie =いとも簡単に、 a slice of the pie =うまい話、 We stick together, renegotiate with Hal and get a slice of the pie. Or we walk and we set up on our own. 力を合わせてパルと再交渉すれば、少しはおいしい目に会えるかもしれない。うまくいかなきゃ、けつまくって自分たちで映画を作ればいいさ。From 「Stan & Ollie」

聞いてわかる英語のスラング 80

  1. handful 手に余る人、厄介な人(こと) “Well, I’d call that a step up from the President. Probably sings better too. Handful.” 「大統領よりは格が上の様だな。歌も大統領よりうまいだろう。厄介な人物だな」

From 「the Bodyguard

聞いてわかる英語のスラング 79

79. deadbeat 金を借りて返さない人、お金をせびる人、浮浪者、役立たず、怠け者(=useless) Tim is a dead beat dad and he never gives his ex wife the money she needs to take care of their baby. (Timは役立たずで、前の奥さんに子供の養育費さえも払おうとしない)  “I’m tired of hanging around a bunch of deadbeats. No offense. Tony.” 「うっとおしい男たちにつきまとわれるのは、うんざりよ。貴方に悪気はないけど、トニー」 from 「the Bodyguard

He won’t take a job at a grocery store, but he’ll go out with a bunch of deadbeats and risk getting killed. 「彼はスーパーでは働かないで怠け者の一団と一緒に命をかけるんだって」from Wildlife

 

聞いてわかる英語のスラング 78

78 cross up 裏切る、 Don’t cross me up if you know what’s good for you. 何がお前にとって良いか分かってるなら俺を裏切るなよ。 “You cross me up this time, Rachel, I swear, I’ll kill you myself.” 「レイチェル、今回は俺を裏切った。今度裏切ったらこの手で殺してやる」from 「the Bodyguard

 

聞いてわかる英語のスラング 77

77.EAT:普通は勿論「食べる」。スラング表現では、「(ひとを)いらいらさせる、悩ませる、煩わせる」(=bother, worry someone)の意味となる。What’s eating you? : 何か気になることがあるの? なんでイライラしているの? ing形で使われる。Something has been eating me since this morning. 朝からなんだか気になっていることがある。 “Well, I don’t like dogs. They don’t know who they’re eatin’.”  「大きな犬は好きじゃない。相手選ばず突っかかる(悩ませる)からな。」

 

聞いてわかる英語のスラング 76

  1. stoned (out): 酔っぱらって、麻薬で泥酔して I hate to get stoned silly in public. 公衆の面前で酔っぱらうのは御免だね。“How about the letter? “”I was very stoned.” 「脅迫状はどうなんだ」「すごく酔っぱらってたから」from 「the Bodyguard

Page