聞いてわかる英語のスラング

聞いてわかる英語のスラング 55

55. bomb しくじる、失敗する(=to fail)、ドジを踏む My try bombed, but things got better. 僕の試みは失敗だったが、状況は好転した。

“How did the final go today/””Fine. Even if I bombed it, Mr.Lee wouldn’t let me fail. 今日の期末試験はどうだった? 上々だ。例え落第してたって、リー先生は単位をくれるよ from 「Serching」(サーチ)

聞いてわかる英語のスラング 54

54.take a/one’s toll 大きな被害を与える(idiom) tollは通行料金で、橋や道で通行料を取られることが損にあたるとの表現。

“I fear these celebratory dinners are taking their toll, your Majesty. Might I suggest some Benger’s mixture? このような晴れがましい宴席でのお食事はあまり健康に宜しからぬと存じます。陛下。ベンジャー食をお勧めします。From 「Victoria & Abdul」(ヴィクトリア女王最後の秘密)

きいてわかる英語のスラング 53

53. ass : けつ、尻(米卑語) That guy threatened to kick me in the ass if I didn’t get out of the way.あいつは、もし僕が道を空けないと尻を蹴飛ばすと脅したんだ。

“It’s not late. As I think about it, that’s the best way to do this. Go on, call their asses on over here.” まだほんの宵の口だ。考えてみたらそれが一番いい形だと思う。さあ、電話して彼らをここに呼びなよ。(彼らのけつをここにもって来いと電話しなよ) from 「If Beale Street Could Talk」(ビールストリートの恋人たち)

聞いてわかる英語のスラング 52

52.dime store :安物を売る店 Let’s get out of this dime store and go find a real store to shop in.(こんな安物の店は出て、いい店を探そうよ) =a shop where they sell cheap items of low quality.

You also think you’re the cleverest boy that ever walked the planet and no one recognizes what a genius you are. It’s pretty typical stuff if you want to know the truth. But enough of my dime store Freud. 自分は世界一切れる孤高の天才だと思ってるようだがな。残念ながら、それは良くいるタイプだがな。まあ、安いっぽいフロイトもどきの分析はここまでにしよう。From 「Rebel in the Rye」 、

I don’t believe any of his dime tore philosophy. 彼の陳腐な哲学なんか、全く信じてはいないよ。

聞いてわかる英語のスラング 51

51.broad 女性、売女(卑語)(軽蔑的)、

When is that broad gonna show up? いつ、その女は出てくるんだ。

I never did understand why you put a broad like that in charge of rape and all that sicko shit.
どうしてあんな女にレイプやこんなキチガイ事件を担当させたんだ。 From 「PRESUMED INNOCENT
*sicko=精神異常者

聞いて分かる英語のスラング 50

  1. belly button へそ Do dogs have belly buttons? 犬にへそはありますか? They are so close you can see Molto’s nose sticking out of Nico’s belly button. やつらくっつきすぎて、モルトの鼻がニコのへそから突き出してる。From 「PRESUMED INNOCENT

聞いて分かる英語のスラング 49

49.have balls 勇気がある、勇敢である(通常男性だが、女性に使う事もある)

He doesn’t have enough balls for that .彼はそれをやるだけの勇気がない。

I should have fired him when we fired Nico. If I had any balls, I would do it now. Rusty, I want you to handle this case personally.  ニコを首にしたときにあいつも放り出しとくんだった。勇気があれば今買い越してやるんだが。ラスティ、この件は君に任せる。From 「PRESUMED INNOCENT

聞いて分かる英語のスラング 48

  1. big guns : 大立物(大物、重要人物) My company always brings in the big guns for contract negotiations. (私の会社では契約交渉の時にはいつも重要な人物(大立物)を連れてくるんだ)  big guns は、力強い二頭筋のこともいう

聞いて分かる英語のスラング 47

47. upbeat:陽気である  My teacher is very upbeat, and makes the class fun. (私の先生は大変陽気で、クラスを楽しくさせてくれる)  I prefer music that is a little more upbeat.

聞いて分かる英語のスラング 46

46. big cheese:上司、大物、ボス

I woke up this morning with the big cheese knocking on my door. (私が今朝起きたのは、上司が私のドアをノックしたからだ)、

The Big Cheese wants to see you in his office now.  ボスが及びよ from 「PRESUMED INNOCENT

Page