Monthly Archive 3月 2019

聞いて分かる英語のスラング26

26.loco :気の狂った (スペイン語から) Who is that loco?  あの気が狂ったような奴はだれだ。

“Neo, this is loco. They’ve got Morpheus in a military-controlled building.” ネオ、それはキチガイ沙汰だ。やつらはモーフィアスを武装されたビルの中に捕えている。from「THE MATRIX

聞いて分かる英語のスラング25

25.  get with the program: 理解する=get with itget a clue ちゃんと考える 、ルールに従う、 “Hey man, you are making way too many mistakes, you had better get with the program or face the consequences”. (おい、お前は失敗ばかししているが、ちゃんと考えろ、さもなきゃ覚悟するんだな)  I really wish you would get with it, dude. (へい、ちゃんと理解してほしいな)、Come on, Alex. Get with the program. Do what you are told. へいアレックス、言われた通りにやれよ!

“Hey, John, I think you could get with the program a little, huh? The police are here now. It’s their problem! Now tell these guys where the detonators are so no one else gets hurt!” ジョン、もう少し皆に協力してくれてもいいだろう。警察がいるんだ。これは奴らの仕事だ。起爆剤がどこにあるか教えてやれ。そうすればだれもケガをしないで済むんだ。from 「DIE HARD

聞いて分かる英語のスラング24

  1. crasher (party crasher): 招かれていない客、招かれていないのにパーティに来る邪魔な客 The crashers ruined the party. 招かれていない客がパーティを台無しにした。”I assume you are our mysterious party crasher. You are most troublesome for a security guard.” あんたがわれわれのパーティをぶち壊してるんだな。厄介な守衛さんだよ。from 「DIE HARD

聞いて分かる英語のスラング23

23.buck :もともとは、牡鹿のこと。最も良く聞くのは、dollarの意味。

10 bucks 10ドル、big bucks 大金、make a fast buck 手っ取り速く金を儲ける。なお、1000ドルをgrandという。5万ドルなら、50 grand(sはつけない)。

“Come on, I got fifty bucks bet on them assholes.” ちくしょう、50ドルも賭けたんだぞ from DIE HARD

聞いて分かる英語のスラング22

22.crank call : 偽電話、いたずら電話 crank= bogus偽の We had four crank calls of bomb threat. 爆弾予告の電話が4回あった。“Roger. Possible crank call. Check the area again and confirm.” 了解しました。いたずら電話かも知れません。付近を見回って確認します。(警察)from 「DIE HARD

聞いて分かる英語のスラング20,21

  1. get down to the nitty-gritty: 直ぐに要点に入る。  When I make a business call, I never ask “Hey what’s new?” i just get down to the nitty-gritty and talk business. (仕事で電話する時には僕は決して「何か良い話はないかい」とは聞かない。要点に直ぐ入り仕事の話を始める)
  2. give a damn気にする、関心を持つ I don’t give a damn about an audit. (会計監査なんて気にしないさ)

聞いて分かる英語のスラング18,19

  1. airhead :バカ、They say that the driver is an airhead. (あの運転手は馬鹿だってみんな言ってるよ) Jamie’s such an airhead, the grammar she uses is so awful. (ジェイミーはホントに頭が悪い、彼女が使う文法は滅茶苦茶だ)
  2. loaded:お金持ちの、裕福な There are many people who are loaded in this area. (この近辺には金持ちが多い) loaded with money (お金が積まれた、お金で一杯の意味から) Wow, she is loaded! (へえ、彼女はお金持ちなんだ)“Could you lend me some money?””Ask Kei, he’s loaded.” 「お金貸してくれないかな」「ケイに聞いたら?金持ってるから」

聞いて分かる英語のスラング17

17.score: 成功する I knew if you kept trying you could score. 君が努力を続けていたら成功することを知っていた。”I’m gonna pull in the parking garage and I’ll wait. You score, you give me a call on the car phone.” 俺は車を駐車場に入れて待っている。うまく行ったら車に電話してくれ。From 「DIE HARD

聞いて分かる英語のスラング15.16

  1. in the bag:酔っぱらって George is in the bag and mean as hell. ジョージは酔っぱらって、どうしようもない(meanは扱いにくい)、”Stensland, half in the bag, pours liquor in the punch bowl.”ステンズランドは半ば酔っぱらった状態でパンチボールに酒を注いでいる。from 「L.A.Confidential
  2. scumbag : 意地悪で嫌な奴、ゲス野郎、卑劣な奴、(コンドームの意味もある) Get out of here! You scum! ここから出ていけ、このくず野郎! “I got a six month backlog of New York scumbags I’m still trying to put behind bars.” 俺には捕まえなきゃならないNYのクズどもが6ケ月分たまってるんだ。(backlogは未処理の仕事、put behind barsは牢屋の中に入れる=逮捕する)from 「DIE HARD」  “I’m due to get outta here and I have had it with assholic behavior. You should see the scumbag that we’re covering now. “俺もそろそろ潮時だ。バカな奴にはもううんざりだ。俺たちが今警護しているくず野郎を見せてやりたいぜ。from 「THE BODYGUARD

聞いて分かる英語のスラング13,14

13.hush-hush:秘密の、極秘の He works for the local government, but his job is hush-hush. Even his wife does not know what he is doing.(彼の仕事は極秘だ) What is all this hush-hush? (この秘密主義は一体何だい?)

”It’s only a matter of time before someone with balls of brass tries to fill it. Remember, you heard it here first, off the record, on the Q.T. and very Hush-Hush.” 肝っ玉のあるやつ(balls of brass=肝っ玉)がこの席を埋めるのは時間の問題。覚えておいてください。貴方に真っ先にお教えしますからね。そっと秘密に、ごく内緒にね、、) from「L.A.Confidential

  1.  smart ass: 生意気な奴、Some smart ass came here and asked for a sky hook. 生意気な奴がやってきて、ありもしないものを要求しやがった。(sky hookは、空から垂れ下がっている道具で、ありもしない道具の事)   “Who in the hell are you? What are you, some kind of smart ass? “一体てめえは誰だ、どこかの生意気な野郎か? from「L.A.Confidential
Page