Monthly Archive 11月 2019

イタリア語のイディオム表現 45

45 ”puzzare ancora di latte” とても若い

Sebbene puzzassero ancora di latte erano ragazzi molto seri e capaci.

彼らはまだ若いのに、真面目で何でもできる子でした。

聞いてわかる英語のスラング 144

144. cool  平気である、落ち着いている DEWEY: I’m gonna take a solo there, if it’s cool with you. (お前が良ければ、俺はソロを弾くよ)  School of Rock

イタリア語のイディオム表現 44

44 ”perdersi in un bicchiere d`acqua”  すぐパニックになる

È un ragazzo affidabile però se c`è un piccolo problema si perde in un bicchere d`acqua.

真面目な子ですが、小さい問題ですぐパニックになる。

Quando è nervosa si perde in un bicchiere d`acqua.

彼女は緊張するとすぐパニックになります。

聞いてわかる英語のスラング 143

143Hook me up  紹介してくれ(命令形で) ZACK:”What are you doing?” DEWEY:”what am I doing? We’re gonna learn your song.” Z:”But why?” D:”Because that’s what bands do, man. Play each other’s songs. You got lyrics? Hook me up.”  (何をするんだい)(何をするって?お前の曲を練習するのさ)(でもなぜ?)(そればバンドだ。互いの曲を演奏しあうのさ。歌詞は? 見せてみろ!“ School of Rock

聞いてわかる英語のスラング 142

142Ivory tower  象牙の塔(世俗から離れた世界、学問の世界) It’s ivory tower crap. I mean, in what world do they think that Osama bin Laden and Saddam Hussein hatched this thing up together? Let’s find out if these dick-weeds are serious about Iraq.  それは学者さんのたわ言(crap)だ。オサマ・ビン・ラデンとサダム・フセインが手を組むなんて(hatch up 計画する)、一体だれが考えるっていうんだ。よおし、そういうろくでもない連中(dick-weed/dick-wad 実に嫌な奴)がどこまでイラクを狙っているか調べてこい。from Shock and Awe(記者たち:衝撃と畏怖の真実)

イタリア語のイディオム表現 43

43 ”patata bollente”                                        大きな問題

La situazione dell`economia italiana è una patata bollente.

イタリアの経済状態は大きな問題だ。

聞いてわかる英語のスラング 141

141. butthole いやな奴、ケツの穴 (assholeLanday: That giant butthole, Bill Kristol. And … he go to be creaming this little jammies over this. あの大馬鹿野郎のビル・クリストルだ。あの野郎がすっかりよがって、あちこちで言いふらしているんだろう from Shock and Awe(記者たち:衝撃と畏怖の真実)

イタリア語のイディオム表現 42

42 ”non capire un fico secco (di)  まったくわからない

Lui non capisce un fico secco di matematica.

彼は数学について何もわかりません。

Quando mi hanno telefonato parlavano troppo veloce e non ho capito un fico secco.

彼らは私に電話して来たが、とても速く話したので何もわかりませんでした。

聞いてわかる英語のスラング 140

140. crackpot 気の狂った(人)、頭のおかしい(人)、ばかげた Strobel: I got it from a source at State who got it from the Pentagon. Walcott: In connection with the attacks? Crackpot theories from people who don’t know what the hell they’re talking about. Strobel: It was Rumsfeld.  “ペンタゴンから入った情報を、国務省の職員から聞いたんです。”“それが今回の攻撃の犯人だと? どんな馬鹿な奴がそんなことを言っているんだ。” “ラムズフェルドです。” from Shock and Awe(記者たち:衝撃と畏怖の真実)

聞いてわかる英語のスラング 139

139. pull it(this) off  うまくやる、やり遂げる Landy: Al-Qaida! Al-Qaida! It’s Al-Qaida. It’s definitely al-Qaida.  Walcott: We need to know how they pulled this off. Anybody needs to go home to their family, feel free to go. Let’s get to work.  “アルカイダだ、アルカイダだ。間違いない。“”どうしてこんなことになったのか調べよう。家に帰りたいものは帰れ。仕事に戻ろう“ from Shock and Awe(記者たち:衝撃と畏怖の真実)