フランス語学習を始める方への提案

フランス語学習を始める方への提案

大人になってから外国語を学習しようとすると、多くの人にとって次の事が気になります。

記憶力も鈍くなった今から始めて覚えられるだろうか?

続けられるだろうか?

話せるようになるだろうか?

もう語学を学ぶには年齢的に遅いのではないか?

確かにこれらの不安は始める多くの方が持っています。

多くの方が英語での成功体験や失敗体験を持っていますから、失敗体験の方にお勧めしたいのは、「効率的な」学習をすることです。

もしあなたが、初めてフランスを学ぶのであれば、英語との違いで大きいのは、①動詞(が人称によって変化する)②名詞(には男性名詞女性名詞の区別がある)③読まない音がある(但し、英語と違いルールがあります)ということを知っておけば、随分楽でしょう。細かく言えば違いは多くありますが、この3点が大きいものです。最初にこれを認識して学習に入るのと、全く白紙のままネイティブ講師の発音だけ聞いているのでは、効率的には大きな違いがあります。

一般に文法だけで最低50時間のレッスンが必要とされており、それに加えて会話学習100時間がフランス語3級または準2級レベルへの道です。毎週一回通うとすると、3年が掛かる計算です。効率が良い学習方法のひとつは、集中学習です。これについては集中学習を参照下さい。もうひとつは、文法と会話を同時並行的に行うことです。通学で会話を学びながら、独学(自習)で文法を学習しても良いです。こうすれば、3年が2年~数カ月まで短縮出来ます。そして、このような学習方法をとることにより、集中を持続することが出来、もう年齢的に遅いとか、続けられるかどうか、とかの疑問は払しょくできるだけでなく、必ず話せるようになります。

学習方法については、個人個人で目的、環境などが異なりますから、スクールに相談してください。必ず、最適で、効率的な方法を推薦しあなたに合ったカリキュラムを設定します。