イタリア語を学習してみると、良い事が、、、

イタリア語を学習してみると、良い事が、、、

*外国語に、あなたの将来を託してみよう。外国語を知っていることだけで、視野が広く、世界が広く。
*何やったらいいのかわからない。そんな気分になったら、外国語学習を。ここから何かが生まれる。外国語学習をやって後悔した人はいません。今使うのか、10年20年後に使うのか、それでも価値がある。
*英語以外の外国語を探しているなら、イタリア語やフランス語を。ラテン語は英語の基ですから、ラテン系の言語を学べば英語の上達に繋がるという事を、経験した人の多くが語ります。

ここだけの話:日本人にはイタリア語は向いています。何故なら、イタリア語の発音は日本人の耳でほとんど聞き取れるからです。英語は逆にうまくなればなるほど悩むのはリスニングです。海外で長く生活した人でないと、通訳が出来ない理由がここにあります。

当校でイタリア語を学習した人たちのご紹介(一部)

Sさん:イタリアへ音楽留学。イタリアの楽団に所属し活躍中。テレビのインタビューもこなす。料理も得意。
Mさん:イタリアへサッカー留学。プロで活躍。帰国後事業開始。今はメンタルトレーナーとして活躍。
SKさん:イタリア人と結婚。イタリアでチーズ教室やオリーブオイル栽培農家を経営。優しい夫と二人三脚。
MTさん:政界で活躍中。イタリア語は趣味。イタリア大好き。
SOさん:会社社長。海外に拠点をいつくか持ち、海外主張多し。イタリアは特に仕事関係なく、趣味。
Aさん:イタリアへジュエリーの勉強へ。帰国後資格を取り、ジュエリーデザイナーとして活躍
Hさん:イタリア料理の勉強へ。レストランで修業中。帰国後はイタリアレストラン開業が夢。
AKさん:声楽の勉強中。オペラの理解にイタリア語学習。将来は音楽留学をと。
**実に様々な人が、「夢」を持ちイタリア語を勉強しています。

日本人にとって、なぜ英語は難しいのか? 言語には、文字(アルファベット、漢字、かな、アラビア文字など)、構文(文法)、単語(ものの名前や動詞)、音(発音、音素の数)という4つの要素があります。英語は日本語と比較して、この4つの要素全てが異なります。他の言語を見ると、例えば中国語は、文字と単語には共通点があります。イタリア語は、音に共通点があります。

言語学的に見て、日本語とイタリア語は異質なものです。文法的な言語分類では、日本語は「*膠着語」といい、イタリア語は「**屈折語」に属します。この2カ国語は上述のように、文字、単語も違います。日本語と言語分類が同じ言語にはフィンランド語や韓国語がありますが、フィンランド語は、日本語とは文字、単語、発音は異なります。韓国語は、構文は似ていますが、文字や単語はその多くが異なります。外国語は、このようにどんなに近くても、違う部分が多く、日本人には学習しにくいものです。欧米人が隣同士の言語をいとも簡単に学ぶのは、言語分類が同じ、文字が同じ、単語や構文に共通部分が多い、発音が近接などの要素があるからです。
この違いをはっきり認識してから、語学を学習すれば、効率が良い学習が出来ます。日本人にとって学びやすいのは、4つの要素が近い中国語や欧米語ならイタリア語だという事は言えると思います。こういう言語をステップにして英語を学べば、垣根が低いということになるわけです。
*膠着語 語幹に接頭辞や接尾辞が付いて構成。 私+は、が、の、を、に  行+く、きます、った、けば
**屈折語 動詞や名詞がそもそも異なる。活用する。 io-mio-me  vado-vai-va, sono andatoなど

 

まずはお気軽に体験・ご相談ください