通学学習の内容・特徴

通学学習の内容・特徴

 


次の言語を学ぶことができます。

英語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語

いずれのコースも基本はマンツーマンレッスンです。2人以上で申し込む場合はグループレッスンも可能です。標準料金以外に、時間帯(平日昼間など)によって割引料金が適用されます。とてもお得です。

当校では「フレキシブルな対応」を心掛けており、次の様な方でも気楽に受講することが出来ます。

  • 変更が多い方
  • 月に3~1回しか通える時間がない方
  • 集中的に学習をしたい方
  • 駅から近いところが良い方
  • 英語が話せる講師(英語以外で)を希望する方日本語が話せる講師を希望する方
  • カリキュラムやテキストを自分の希望に応じて変えたい方

ネイティブ講師も日本人講師も選べます。

会話中心に学習したい方も、基礎中心に学習したい方も、ある目的をもって学習したい方も、試験対策なども、講師もカリキュラムも選択できます。

 

 

英語

「入門会話」「初級会話」「中級会話」「上級会話」「英検受験」「大学受験」「資格試験受験」「文法学習」「発音学習」「リーディング」などレベルや希望に合わせて選べます。これらをミックスしたカリキュラムも可能です。

コース詳細 料金表

フランス語

「英語で学ぶフランス語」講座が人気の講座です。一度に2言語を学ぶことが可能です。そのほか、入門、初級、中級、上級など。「文法学習」も可能。検定試験や資格試験対策、中高校生も歓迎です。

コース詳細 料金表

イタリア語

「文法から学ぶイタリア語」が人気の講座です。そのほか、入門、初級、中級、上級などレベルに合わせた学習が可能。検定試験や資格試験対策もOK.

コース詳細 料金表

中国語

入門、初級、中級、上級などレベルに合わせた学習が可能。講師は、中国語教育に30年以上のベテランの先生たちです。

コース詳細 料金表

スペイン語

入門、初級、中級、上級などレベルに合わせた学習が可能。英語や日本語が可能な講師もおります。

コース詳細 料金表

 

短期集中レッスンはココをクリック(英語、フランス語、イタリア語:その他の言語はご相談ください)

 

語学学習における「記憶力」とは?

多くの方が、ある程度年を取ると記憶力が衰えた、これから語学を勉強するのは大変だと言われます。語学学習において記憶力とはなんでしょうか?

1)記憶力そのものに一体どんな意味があるのでしょうか? 抜群の記憶力があって、辞書をAからZまで単語を全部覚えたとしても殆ど意味がありません。重要なのは「理解力」と「判断力」です。これらは年を取ればとるほど増すものです。なぜ、単語だけ覚えても無意味なのか? 単語は文章の中の一部でしかなく、いわば部品です。重要なのは文章ですから、前置詞や時制が正しいかどうか、更には本当にその単語でいいのかどうか? それを判断できるのは、記憶力ではなく、「理解力」・「判断力」なのです。

2)暗記しようという行動はいわゆる「INPUT」に当たります。しかしINPUTだけいくらやっても、記憶に留まる量はそのなん分の一かです。「INPUT」を記憶にとどめるためには「OUTPUT」、つまりそれを使ってみることが必要です。使ってみて初めて自分のものになる、つまり記憶になるのです。勿論使うという行為は、単語だけを使うという事ではなく、きちんと「文章」として使うことです。

3)やみくもに単語などを詰め込んで覚えようとするのは、試験の前の一夜漬けでは通用するかも知れませんが、長く使おうとする「語学」を学習する場合、全く無意味です。今日覚えた単語を明日使う訳ではありません。しかし、すぐ使わない単語もいつ必要になるか分からない単語も、ひとつひとつ覚えて行かねばならないのが語学学習です。単語に限らず、イディオムも、文法も、特殊構文も皆そうです。従って、これを学ぶのには、の単語の背景や全体の構造から覚えることです。そうすれば、記憶に留まり時間が経っても忘れません。言語とは本来そういうもので、単に記憶しようという気持ちだけで覚えるものではないのですから。

 

まずはお気軽に体験・ご相談ください