Eメール添削コース

Eメール添削コース


作文添削講座

英作文添削コースの詳細です。(添削全体に関する説明は「内容・特徴」を参照下さい。
ネイティブ講師による音声付き添削あり(オプション)

コース名内容問題見本目標レベル料金表
参照箇所
H初めての英語、英作文で学習。小学5年~見本を見るL1短文A
J1中学1年生レベル見本を見るL2短文A
J2中学2年生レベル見本を見るL2+短文A
J3中学3年生レベル見本を見るL3短文A
M1高校1年生レベル見本を見るL4短文A
M2高校2年生レベル見本を見るL4+短文A
M3高校3年生レベル見本を見るL5短文A
A日常会話短文見本を見るL3~5短文A
D受験過去問 早慶上の過去問が中心見本を見るL4+~5短文A
T旅行会話見本を見るL4短文A
Eイディオム学習見本を見るL4+~5短文A
N文法学習 英作文をしながら文法の復習見本を見るL3~5短文B
AL日常表現ロング やや長めの日常表現見本を見るL3~5短文B
Bビジネス英語 貿易、金融、秘書など向け見本を見るL4~6短文B
P時事英語 時事の話題を英語に見本を見るL6短文B
U東大文章題過去問中心 FTに続く見本を見るL6U
WSやや長文問題 短文コースの2~3倍の長さ見本を見るL5+WS
X長文問題 やや難関大学など見本を見るL6X
Z超長文難問 超難関挑戦者へ見本を見るL7Z
RWニュースを読んで、意見を作文。
自分の意見を英語で。ビジネスマン必須。
見本を見るL5~7RW
F自由作文 50語、100語、150語など見本を見るL3~7F50,F100,F150
FTテーマ付自由作文 50,100,150語など見本を見るL4~7F50,F100,F150

※表内のレベルの目安
L1=英検 5級、L2=英検 5~4級、L3=英検 3級、L4=英検 3~2級、L5=英検 準2~準1級、L6=英検 2~1級、L7=英検 準1~1級

尚、上記以外にも下記のようなコースがあります。下記のコースについては個別にお問い合わせください。

コース名内容目標レベル料金表参照箇所
G短文問題 ボキャブラリーを増やす問題L3~6短文B
EIK3英検3級2次試験に特化した対策学習 全80問 音声付き短文A
BLTビジネスレター。テーマを出題。100語以内で。BLT
SH旅館、ホテルなど宿泊施設での接客英語。100題。L3~5短文A
SRレストラン、居酒屋などでの接客英語。100題。
L3~5短文A

セットコースもあります。セットコースは全て割引料金となっています。どのコースを選んだら良いか分からない方、1年または2~3ケ月の集中学習コース選択の当校からの提案です。

1.1年間の学習コース 全48週 コンスタントな集中学習で受験にもビジネスにも
2.3ケ月の短期集中コース 短期で一気に英作文力をつける
3.TOEIC受験コース 作文と翻訳を組み合わせたコース 2ケ月速習

添削方法・見本・受講者の声はこちらを参照 内容・特徴 料金表

フランス語・イタリア語・スペイン語・中国語作文コース詳細

(添削全体に関する説明は「内容・特徴」を参照下さい。

課題は基本的に共通です(一部を除く)
ネイティブ講師による音声吹込み付き添削もあり(フランス語、イタリア語:オプション)

コース名内容目標レベル料金表参照箇所問題見本(共通)
J入門短文 学習期間0~1年L2短文A見本を見る
M初級短文 学習を開始して半年~1年以上L3短文A(中国語は短文B)見本を見る
Y中級短文 学習を開始して1~2年以上L3短文A(中国語は短文B)見本を見る
A日常会話短文L3短文A(中国語は短文B)見本を見る
T旅行会話L3短文A(中国語は短文B)見本を見る
BビジネスL3短文B見本を見る
P時事L4短文B(中国語は短文C)見本を見る
AL日常表現ロングL4短文B(中国語は短文C)見本を見る
Wやや長文問題L4WS見本を見る
X長文問題L4〜L5X見本を見る
F自由作文L4〜L6F50,F100,F150見本を見る
FTテーマ付自由作文L4〜L6F50,F100,F150見本を見る
C2A中国語のみ、やや長文 (Wより短い)L4〜L5短文C見本を見る
JM, MM, EM, PM
ALM, BM, WM
英語から各国語に。(仏語、伊語、西語に)
近年複数言語を学ぶ方が多く、人気コース。
短文B見本を見る

これ以外にもZ(超長文)などあり。言語によって特別コースもありますので、それぞれの言語のコース案内をごらんください。なお、各言語毎にコース名の頭に次のアルファベットが付きます。フランス語F、イタリア語Y、スペイン語S、中国語C

内容・特徴 料金表

お気軽に体験・ご相談ください

 


リスニング講座

英語コース詳細

(学習方法などは「内容・特徴」をご参照下さい)

コース名内容 :VEAのみ書取添削あり音声
VEA初級 約45秒の英語を聞きます。
書き取り添削あり
音声を聞く
VEB中級 約30秒の英語を聞きます。かなり高度です。分かりやすい英語ばかし聞いてきた人
には難しいかも知れません。このレベルがどれほど分かるか試して下さい。
音声を聞く
VEC上級 約30秒の英語を聞きます。
このコースは、難易度高です。聞き取れたら、リスニングはネイティブレベル。
音声を聞く
VEEイディオムの学習用録音です。覚えて自分で使えるようにしたら良いです。
書き取り添削あり
音声を聞く
VEP時事 ニュースを読んだものです。レベルは高い方です。ニュースを聞き取るのは
高度の聞き取り力と語彙力が必要です。何度も聞いて慣れることが力になります。
音声を聞く
VEN VEPと同じくニュースを読んだものです。音声を聞く

内容・特徴 料金表

フランス語コース詳細

(学習方法などは「内容・特徴」をご参照下さい)

コース名内容 :音声+テキスト配信のみ(添削はなし)音声見本
VFF初級 約30~40秒の文章を読んだもの。テーマは色々。音声を聞く
VFD中級 初級と同じくテーマは色々。読み手も変わります。音声を聞く
VFG動詞の変化学習のための録音 。初級向け。音声を聞く
内容・特徴 料金表

イタリア語コース詳細

(学習方法などは「内容・特徴」をご参照下さい)

コース名内容:それぞれ音声のみ、書取添削付き、翻訳添削付き、書取+翻訳添削付きあり音声見本
VIF初級。約40秒。読むスピードは少し落としています。
現在形、未来形、近過去形、半過去形、再帰動詞など。
音声を聞く
VID中級。約40秒。 読むスピードはやや落とした~普通の速度です。
条件法、接続法、命令法、特殊な表現など含む。
音声を聞く
VINニュースや話題。30~45秒。VIDとほぼ同じレベルになります。
新しいニュース素材が付け加えられます。
音声を聞く
内容・特徴 料金表

お気軽に体験・ご相談ください

 


読解講座

本が読めるようになると、語学への興味がますます湧いてくる。初級レベルから

読解学習のススメ:語学習得の為には継続して学び、語彙や表現力を高めていくことです。
継続出来る学習とは、時間や場所に制約が少ない事。料金も手軽で力がついていくことが実感出来ること。
Eメールでの読解学習や作文添削学習は継続可能な最適な学習と言えましょう。
当講座の受講生には、何年も(10年以上)続けておられる方が多く、また始める年齢も様々です。(10歳くらいから70歳以上)。無理なくそして楽しく継続出来る、読解学習がお勧めです。

英語コース詳細

コースの種類長短の区分けコース名内容問題見本
配信読解短文RJM中学生レベルの短文翻訳。3コースあり。毎日問題配信。
RJM1(中1)、RJM2(中2)、 RJM3(中3) 英検3~5級
見本を見る
配信読解短文RMM高校生レベルの短文を翻訳。 3コース。
RMM1(高1)、RMM2(高2~3) 、英検準2~2級
見本を見る
配信読解短文REMイディオムを使った文章を翻訳。毎日問題配信。
英検準2~準1級
見本を見る
配信読解短文RPM時事英語短文を翻訳。時事英語の語彙の学習に適。
英検3~1級
見本を見る
配信読解短文RWM少し長い文章。ちょっとレベルを上げたい人に。
英検準2~準1級
見本を見る
配信読解長文RU時事英語長文。100語~150語ほどのニュース文章の翻訳。
英検2~1級
見本を見る
配信読解長文RVEAテキストと共に、ネイティブによる音声も配信。
読解学習とリスニング学習を同時に。 英検3~2級
見本を見る
リーダー読解長文RE(1)本を選び
(2)その本を何回に分けて読むか決め
(3)週に1回翻訳を提出して、添削をします。

本は、自分で選んでも良く、当校が推薦するのも可。
本ではなく記事や過去問などでも対応可。

 

内容・特徴 料金表

フランス語コース詳細

種別コース名内容
リーダー読解RF(1)本を選び
(2)その本を何回に分けて読むか決め
(3)週に1回翻訳を提出して、添削をします。

本は、自分で選んでも良く、レベルにあった本を当校が推薦してもよい。
また、本ではなく記事や何かの過去問などでも対応出来ます。
内容・特徴 料金表

イタリア語コース

読解学習は翻訳とは少し違います。翻訳は話言葉である日本語にせねばなりませんが、読解学習は意味が取れればOKです。添削の基準も正しく理解しているかどうかで、翻訳の上手下手は問いません。読解学習は、構文の把握、文法の確認、ボキャブラリーの増加が目的で、会話に繋がる学習です。イタリア語の場合特に中級上級へ進む方は、①主語は何なのか ②代名詞は何を指すのか ③時制 以上を正しく把握していく学習をすると、実にものすごいスピードで学力が上がって行くのが分ります。初級を終えた人は、代名詞(特に補語人称代名詞)が何を指すのか決してあいまいにしてはならないと教えており、その為に当校の学習者のレベルは相当高い物があります。

リーダー読解添削:(RY:リーダーを読んで訳す)

1.教材:(1)イタリアALMA Edizioni社のサイドリーダー (2)Bonacci Editore社のサイドリーダー (3)Edizioni EL社のサイドリーダー (4)その他の語学学習用サイドリーダー (5)一般のリーダー(イタリアの子供向けなど)
(1)が最もレベルがはっきりしているのでお奨めです。その他のリーダーは手に入るものは使用可能ですが、1500円が目途で、それ以上高いものは、学習者に添削講師分もご手配頂くことになります。
2.受講料:開始料:3,240円+毎月6,480円(4回)
毎週一回提出します。Alma Edizioni社のリーダーの場合基本的に一章づづを一週分とします。(長いものや短いものは調整あり)
500語 Dove Yukio/Radio Lina/Rigoni/Pasta per due 全て16週(全体を16に分けて16回提出)一括25,000円
1000語 Amore in paradiso/Maschere a Venezia/La paritita/La commissaria 全て16週 一括25,000円
1500語 Mafia Amore/Caravaggio 17週 一括26,500円
2000語 Opera/Meiterranea 16週 一括25,000円
2500語 Dolce Vita 18週 一括28,000円、Un’altra Vita 12週 一括19,000円
*左側の語数は基本語理解力のレベルを指しますが、それぞれの本には其々のレベルで70語~250語程の覚える単語があります。(ERレベルだと、一冊に1000語前後の覚える単語(や熟語)があります。
これ以外の読本については、本を見て一回の量を決めますが、目安としては一回(一週)分の語数が200~400です。ERの場合概ね2p未満を一回分として計算し、概ね24~32週で終わります。
3.受講方法: 毎週一回Eメールにて訳文をお送り下さい。Eメールを添削をして返送します
翻訳を目的とした受講(添削講師に翻訳を任せるような)は出来ません。あくまでも学習として行いますので、白紙で提出することは出来ません。全体の1/3以上が把握できていない方にはテキストを変えることを薦めます。自分にあったレベルの教材をお選び下さい。

配信読解学習:(送られてきた短文~長文を訳す)

教材:当校で使っている作文学習の模範解答:つまり、イタリア語作文学習の反対です。短文を毎日送りますから、翻訳して返信してください。

イタリア語コース詳細

種別コース名内容問題見本
配信読解短文RYJ入門レベルのイタリア語短文翻訳です。
課題はEメール配信。
見本を見る
配信読解短文RYM初級レベルのイタリア語翻訳です。
課題はEメール配信。
見本を見る
配信読解短文RYY中級レベルのイタリア語短文翻訳です。見本を見る
配信読解長文RVIF初級レベルのイタリア語の長文翻訳。見本を見る
配信読解長文RVID中級レベルの長文翻訳見本を見る
配信読解長文RVINニュースの翻訳 中級レベル見本を見る
リーダー読解RY(1)本を選び
(2)その本を何回に分けて読むか決め
(3)週に1回翻訳を提出して、添削をします。

本は、自分で選んでも良く、当校が推薦してもよい。
また、記事や何かの過去問などでも対応出来ます。

教材例:
(1)イタリアALMA Edizioni社の italiano facileシリーズ
(2)Easy readerシリーズ
(3)その他の語学学習用サイドリーダー
(4)一般のリーダー(イタリアの子供向けなど)
内容・特徴 料金表

お気軽に体験・ご相談ください

 

文法講座

英語文法コース詳細

この講座は下記の人を対象としています。
(1)受験生、高校生
(2)大人(含大学生)=英文法や英語の表現法を復習しながら、会話学習につなげたい人
基本的には、中学までの文法を復習したい人を対象としております。

「語学スクールに通う事は出来ない」。「自分でやっても理解できず、挫折しそうだ」。「会話学習だけだと文法が分らない」「もう一度基礎から見直してみたい」
そういう方は、是非この講座をお取りください。コースは最大2年です。(1年~半年に短縮は可能です)

この講座は、文法の特徴を上げながら、作文問題を出します。理解度は作文を添削することで計るのです。質問が出来ますから、納得がいくまで確かめて下さい。「個別指導」です。
テスト問題は毎日配信されます。回答は毎日でも一週間分まとめても結構。あまり多く溜めすぎないように。

英検のレベルでいえば4級から準1級までというレベルに相当します。
この学習の後にリスニングや会話学習をやっても遅くないどころか、会話学習がとんとん拍子に進む。だからまずは文法を

受講方法   テキスト学習 → 毎日配信されるテストで学習 →添削で学習 →質問が出来る →基礎完全マスター

内容・特徴 料金表

フランス語文法コース詳細

フランス語Eメール文法講座 (入門者、初級者)

自宅でフランス語が一から学べる、大変評判の講座です。 質問が出来ます! 理解するまで確認出来る!
大学生も、社会人も、中学/高校生も学べます。
*語学学習の悩みは①時間がない②続かない③金がない の3ないづくし。通う時間がない人は、独学でやればよいが、独学の問題は質問出来る先生がいないこと。どこかで壁に突き当たり続かない。そして、自分でリズムを取っているから続かない。
この「フランス語Eメール文法学習」は、Eメールですから、どこでも、いつでも学習可能。そして、講師がつきますから、質問が出来る。そして学習内容に沿った問題を毎日(月~金)送りますから、学習リズムが出来ます。重要なのは、身に付くこと。その為には、毎日の学習機会と、質問に答えてくれるプロの講師が1年間付いてくれることが、大変重要です。通う時間がない人は、是非このコースをご利用下さい。

*フランス語Eメール文法学習の概要:
ー基本文法学習を48週(約1年弱)で終了することを念頭に置いています。文法学習を1年で(人によってもっと学習時間がある方は半年のスピードアップコースで)終了し、次のステップへ進んで下さい。週に2時間(テキストによる文法学習に1時間、このコースでの学習に1時間当ててください=毎日12分x5回)程度の学習で卒業することが可能です。
ー市販の文法テキストで学習を進め、毎日送られる問題を解きます。回答を毎日送れば毎日添削が戻ります(添削は3日以内に戻ります)
ー48週後にはフランス語の文法をざっと全部終了していますから、文法レベルだけなら仏検2級レベルに達しています。

* この文法コースを取りながら独学でフランス語を学習する方へ。この文法コースでは、課題に対する質問は出来ますが、課題と関係のない質問は出来ません。

問題は配信のみ。貴方のメールアドレスに毎日問題が届くから、ペースを変えずに進められる。全問を解いてフランス語語基礎マスター。

内容
第一週読み方テスト入門一課
2・3週名詞テスト入門二課
4週冠詞テスト入門三課
5・6週形容詞テスト入門四課
7週代名詞テスト入門五課
8週基礎動詞テスト入門六課
9週規則変化動詞テスト入門七課
10週不規則変化動詞テスト入門八課
11・12週入門作文テスト
13・14週入門読解テスト
15・16週前置詞テスト初級一課
17週疑問詞テスト初級二課
18・19週作文テスト前置詞
20週作文テスト疑問詞
21週補語人称代名詞テスト初級三課
22週複合過去テスト 5初級四課
23週作文テスト三課+四課
24週否定表現
25週未来形テスト 初級五課
26週代名動詞テスト初級六課
27週受動態/ジェロンディフ
28週作文テスト五課+六課
29・30週半過去・大過去テスト初級七課
31週作文テスト七課
32週接続詞他テスト初級八課
33週作文テスト八課
34週作文テスト初級
35・36週読解テスト初級
37~40週作文テスト初級2
41・42週関係詞テスト中級一課
43・44週接続法テスト中級二課
45・46週条件法テスト中級三課
47週命令法テスト中級四課
48週単純過去テスト中級五課

出題番号参考課題
006次の名詞が男性名詞か女性名詞かを言いなさい (1) livre (2) cle' (3) valise (4) stylos (5) e`glises
012
次の名詞に不定冠詞をつけなさい (1) disque (2) table (3) porte (4) banc (5) e'tudiante
018次をフランス語にしなさい (1) あの男 (2)この川 (3)私の時計(複) (4)彼の車 (5)あの花(複)
024適当な主語代名詞を( )に入れよ (1) (   )suis japanais. (2) (    )sommes ame'ricains. (3) (   ) est mince. (4) (    ) est petit. (5) (   ) est fran$aise.
030次をフランス語にせよ (1) 私は歯が痛い (2) 私達は眠い (3) 彼は5歳です (4) 彼らは正しい (5) 私はお腹が減っている
036次の動詞の直説法現在の変化を書きなさい (1) apprendere (2)pouvoir (3) prendre (4)faire (5) aller
042次をフランス語にしなさい(1)明日貴方は学校へ行かねばなりません (2)あなた達はサッカーをしてはいけません (3)彼らは家へ帰りたがっている
048次をフランス語にしなさい(1)彼は午後の3時にテニスをしに私の家へ来ます (2)私達は日曜日には湖へ散歩をしに出かけます (3)彼らは毎週金曜日には遅くまで仕事をしなければなりません
054次の文章を和訳しなさい Taro habite a' Paris depuis un mois. Il fait le marche' dans une vieille rue. Tous les mardis et vendredis le trottoir est couvert d'e'talages. Ce matin il a vu de belles oranges du Maroc chez un marchand de fruits.
130次をフランス語にしなさい (1) 日本にいる時にはいつも夜遅く家に帰っていた (2) 事務所が閉まっていたので中に入ることが出来なかった (3) 食事をしているときに大きな地震が襲ってきた
140次をフランス語にしなさい (1)天気予報では明日は晴れだがあさっては雨だそうだ (2)彼は良く勉強したので、試験に受かるだろう (3) 以前に見たその映画は誰でもが好きだった
150次を和訳しなさい Taro va acheter un cahier dans une grande papeterie. Il choisit un cahier jaune et le donne avec l'argent a` une vendeuse. Elle ne re$oit pas l'argent, mais lui donne une petite fiche. Le Japonais ne comprend rien. alors, la vendeuse lui dit "A la caisse"..
160近過去、半過去、大過去はそれぞれどういう場合に使いますか。言葉で説明すると共にそれぞれ例をひとつづつ上げなさい
180次をフランス語にしなさい(1) そのとき外は大変な混雑だと誰もが思った (2)彼は遅れてきたが、それは電車が遅れたからのようだった。 (3)もし私が貴方の立場だったら、決してそんなことを許すはずが無い
内容・特徴 料金表

イタリア語文法コース詳細

自宅で学習出来ます。入門者、初級者向け (日本人講師) 

文法学習:添削コース  
 「イタリア語を勉強したいが、通う事は出来ない人」「検定試験や資格試験を目標に学習したい人」「文法が分らない人」「もう一度基礎から見直してみたい人」「イタリア語を本気で身につけたい人」 そういう方の為にこの講座はあります。

学習テキストは市販のものでも、当校のもの(3,240円)でもOK。
この講座の特徴は、
①学習の理解度をテストで試していくので、確認出来る
②学習のペース配分が出来る。(毎日貴方に学習の指示が届きます。スピードは速めることも遅くすることも可能)。挫折しない。
「課題に関しての質問が出来ます
更に(1)配信する問題には、学習ポイントを指示 (2) 要所要所にネイティブ音声を追加。発音とリスニングの学習に最適。

予定スケジュールに沿って問題を配信します。受講者はその予定に従って学習し、問題に答えていきます。途中で疑問があれば、質問が出来ます。「個別指導」です。講師は貴方のペースメーカーであり、コーチです。テスト問題は毎日配信されます。回答は毎日でも一週間分まとめても結構。入門から中級まで52週で踏破 一年でイタリア語検定試験2級レベルまでの文法をやります。目標レベルは、入門者を1年で3級レベルまで学習補助することです。2級も狙えます。その後に会話学習をやっても遅くないどころか、会話学習がとんとん拍子に進む。だからまずはここでしっかりと基礎を
問題を配信。貴方のメールアドレスに毎日問題が届くから、ペースを変えずに進められる。
講師は「Fashion Business 初級イタリア語会話」「読んで楽しいイタリア語の話」著者、
東京外国語大学イタリア語卒 九段アカデミー代表 中原

問題番号内容
1週目入門一課1-5読み方 音声(1,2)
2・3週入門二課6-15名詞音声(7,10,13) 
4週入門三課16-20冠詞音声(16,19)
5・6週入門四課21-30形容詞音声(22,25,28)
7週入門五課31-35代名詞音声(31)
8週入門六課36-40基礎動詞音声(38)
9週入門七課41-45規則変化動詞
音声付き(41)
10週入門八課46-50不規則変化動詞
音声付き(46)
11・12週NHY51-60入門作文
13・14週NHY61-70入門読解(61-70)
15・16週初級一課71-80前置詞
17週初級二課81-85疑問詞
18・19週NHY86-95作文テスト前置詞
20週NHY96-100作文テスト疑問詞
21週初級三課101-105補語人称代名詞
22週初級四課106-110近過去
23・24週NHY111-120作文テスト三+四課
25週初級五課121-125未来形
26・27週初級六課126-135再帰動詞
28週NHY136-140作文テスト五+六課
29・30週初級七課141-150半過去・大過去
31週NHY151-155作文テスト七課
32週初級八課156-160接続詞他
33週NHY161-165作文テスト八課
34週NHY166-170作文テスト初級
35・36週NHY171-180読解テスト初級
37週NHY181-185作文テスト初級2
38週NHY186-190初級文法の理解
39週NHY191-195初級総合テスト和訳
40週NHY196-200初級総合リスニング
41・42週中級一課201-210関係詞
43・44週中級二課211-220接続法
45・46週中級三課221-230条件法
47週中級四課231-235命令法
48週中級五課236-240遠過去
49~52週NHY241-260中級リスニング書取
番号課題(例):下記のような課題が出ます。下記は、本番とは違うものです。
006学習のポイント:名詞は一般に男性名詞がOで終わり、女性名詞はAで終わります、。しかし、Eで終わるものも多くあります。amore(愛)やfiore(花)のように一見女性っぽく見える名詞が男性名詞です。また、carne(肉)は女性名詞、pesce(魚)は男性名詞など、そのもの自体のイメージとは関係がないことを感じとって下さい。
次の名詞が男性名詞か、女性名詞かを言いなさい (1)auto (2) amore (3) chiave (4) programma (5) mano
012冠詞で注意することは、男性名詞の場合s+子音もしくZから始まっているかどうかということです。 その場合不定冠詞はuno, 定冠詞はlo が単数形の冠詞になります。次の名詞に不定冠詞をつけなさい (1) cane (2) amico (3) scuola (4) sciopero (5) zio
018次をイタリア語にしなさい (1) あの男 (2)この川 (3)私の時計(複) (4)彼の車 (5)あの花(複)
024適当な代名詞を( )に入れよ (1) (   )siamo giapponesi. (2) (    )sono italiani. (3) (   ) è la mia amica.(この人) (4) (    ) sono stanca. (5) (   ) sei bravo.
030次をイタリア語にせよ (1) 私は歯が痛い (2) 私達は眠い (3) 彼は5歳です (4) 彼らは正しい (5) 私はお腹が減っている
036次の動詞の直説法現在の変化を書きなさい (1) finire (2) fare (3) conoscere (4) rimanere (5) produrre
042イタリア語にしなさい(1)明日貴方は学校へ行かねばなりません(2)あなた達はサッカーをしてはいけません(3)彼らは家へ帰りたがっている
048イタリア語にしなさい(1)彼は午後の3時にテニスをしに私の家へ来ます(2)私達は日曜日には湖へ散歩をしに出かけます
054次の文章を和訳しなさい Maria e Julia lavorano in un negozio della musica. Cominciano a lavorare alle 9 di mattina e finiscono alle 7 di sera. Maria vende CD, invece Julia fa una DJ nel negozio, percio parla e sceglie i dischi tutto il giorno.
060(  )の中に最も適当な前置詞を入れなさい (1) Devo andare (  ) trovare il mio amico a Firenze. (2) Leggono il libro (  ) storia della guerra mondiale. (3) Tornano (   )cinque minuti. (4) Devi andare (  )medico subito. (5) Stasera si mangia (  ) ristorante.
110次の再帰動詞の近過去形の変化を書きなさい (1) svegliarsi (2) sedersi (3) annoiarsi (4) lavarsi (5) vaponeggiarsi
120進行形に変えなさい (1) Vanno a scuola (2) Guardavo la televisione. (3) Mi lavo la faccia. (4) Vengo da casa mia. (5) Giocavano a calcio.
130イタリア語にしなさい (1) 日本にいる時にはいつも夜遅く家に帰っていた (2) 事務所が閉まっていたので中に入ることが出来なかった
140イタリア語にしなさい (1)天気予報では明日は晴れだがあさっては雨だそうだ (2)彼は良く勉強したので、試験に受かるだろう 
150次を和訳しなさい Il tram aveva oltrepassato porta Maillot e filava ora lungo il grande viale che porta alla Senna. La piccola macchina, con il suo vagone agganciato, fischiava per allontanare gli ostacoli, spuntava vapore, ansimava come una persona trafelata che corra.
160近過去、半過去、大過去はそれぞれどういう場合に使いますか。言葉で説明すると共にそれぞれ例をひとつづつ上げなさい
170(  )に適当な関係詞を入れなさい (1)Vado a casa ( ) abitano mio fratello. (2) Lui e' un cantante (  ) e' conosciuto da tutti. (3) (  ) che citta' e' nata lei? (4) Mario e' quello con (  ) ho parlato ieri. (5) C'era lui il (  )mi ha dato il biglietto.
180イタリア語にしなさい(1) そのとき外は大変な混雑だと誰もが思った (2)彼は遅れてきたが、それは電車が遅れたからのようだった。
内容・特徴 料金表

お気軽に体験・ご相談ください