作文添削の目的とシュリーマンの学習法

作文添削の目的とシュリーマンの学習法

ネイティブ講師が添削するこの講座の目的は、以下の2つです。
1.文法的に正しい表現を身に付ける。(前置詞や冠詞の使い方など、細かいところを注意出来るのは書いて説明するから。会話学習では得てして省かれる部分です。)
2.ナチュラルな外国語表現を意識するようになる。(文法的に正しくとも、それが通じるかどうかは使ってみて初めて分かります。自然で分かりやすい表現をネイティブ講師が教えてくれます。)

ハインリッヒ・ シュリーマンの学習法に学ぶ
シュリーマンはトロイの遺跡を発掘した考古学者であり、巨万の富を築いた実業家であり、そして15ヶ国語を話すことが出来たという語学の天才でもあります。彼の学習方法は「音読」「暗誦」そして「作文添削」です。ただ作文するだけでなく、正しく添削指導を受けることにより数多くの言語をマスターしていったのです。
**********
 語学学習には従来から色々な方法が提案され、試されてきています。例えば毎日3時間ほど日本語なしで「会話」を続ければ効果は大きいですが、その時間と環境が問題です。やりやすいのは「読書」。時間を固定しないで一人でも出来ます。一方「作文」は、課題とその添削がありますから、なかなか手を出しにくかった。それを解決したのが、このプログラムです。毎日あなたに作文課題を送ります。そして添削がすぐに返ってきます。会話学習が役に立つのは否定しませんが、日本にいては時間的経済的にも効果は薄い。読書はやりやすいですが、「受動的」学習です。語学は「能動的」な部分もないと上達しないのです。つまり、言いたいことが言えるようになるのが会話の始まり。そういうことから、作文学習は効率的には最も期待が出来ます。2005年以来、多くの方から、試験に合格したとか、仕事で役に立ったとか支持を頂いております。是非お試し下さい。 There is no royal road to learning.